注目の出展者|001

遊び心溢れる文具メーカー“スガイワールド”

2011年に世田谷で創業した遊び心溢れる商品を企画、製造する「株式会社スガイワールド」。ひげのカタチをした愉快な付箋「ひげ付箋」ひとつから事業をスタートしました。挑戦する事業者の祭典に出展する意気込みを社長の須貝悠さんに伺いました。

2019.09.13公開 

 

─ それでは、自己紹介をお願いします。

弊社は、2011年に東京でスタートした、遊び心溢れる商品を企画、製造するメーカーです。ひげのカタチをした愉快な付箋「ひげ付箋」ひとつから事業がスタートしました。
オリジナル商品はすべて自社で企画デザインし、できるだけ環境に配慮した素材で製造しています。弊社の現在の主力商品は、水に入れると曲げて遊ぶこともできる新感覚の紙クリップ「クリップファミリー」です。2018年文房具屋さん大賞クリップ賞を受賞いたしました。
日本全国をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界15カ国以上のミュージアムショップ、セレクトショップなどで販売されています。

 
 

─ この祭典に参加する目的は何ですか?

今まで接点が少なかった三鷹や武蔵野地域の皆さんに是非、弊社の商品を見てもらいたいと思い、申し込みました。具体的には、弊社商品のお取扱いをご検討したい小売店様、また、OEMやノベルティーとして活用してみたい企業様です。こういった展示会は、直接説明ができるので良いですね。直にコミュニケーションを取ると、様々な情報が得られるのでそこにも期待しています。
もちろん、実際にお使いいだたける消費者の皆さんにも楽しんでもらいたいと思います。
 

─ どんな展示になりますか?

様々なメディアでご紹介いただいたマスキングテープカッター「アニマルハグ」の他に、水に入れると曲げて遊ぶことができる紙クリップ「クリップファミリー」などを展示しようと思っています。実際に見て、触れてもらうことで、商品の良さを知ってもらいたいと思います。

─ 展示会のテーマは「挑戦」ですが、あなたの挑戦ポイントは何ですか?

9/3〜6に東京ビックサイトで行った「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」に出展した際には、4日間で国内800件、海外100件の商談がありました。11/13〜15も同じ会場の「産業交流展2019」に出展する予定です。東京ビックサイトは会場が大きいので、とても多くの人と商談できるのが魅力ですね。
今回、初めて三鷹の展示会に出展しますが、どんな感じなのか全く分かりませんので、弊社にとっての挑戦ですね(笑)
また、国内の展示会へ出展するだけでなく、ニューヨークやパリなど海外の展示会に積極的に出展してアピールしています。海外の皆さんと繋がって、弊社の商品を使ってもらえるとハッピーですよね! なので、弊社の商品を積極的に輸出できるように頑張っています。
それと、様々な展示会で商品を紹介する一方で、新しい商品の開発も進行中です。新商品の開発は挑戦の連続という感じですね。
 

─ 最後に、来場者の皆さんに向けたメッセージを。

弊社のブースに来て、実際に見て、手に取って、今までにない、遊び心溢れるスガイワールドの商品を楽しんでください!
写真や映像だけでは伝わない、リアル感を是非、味わって欲しいと思います。
 

 
 

遊び心溢れるメーカー“株式会社スガイワールド”
代表:須貝悠さん
〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-12-4-202
03-5716-1963 @sugaiworld @sugaiworld https://www.sugai-world.com/
スガイワールドTV



注目の出展者編集長

斉藤憲仁

デザイナー/コンサルタント
札幌19年、小平3年、三鷹26年。随分、東京住まいが長くなりました。仕事ではブランディング、営業支援、創業支援、デザイン教育などに関わっています。ペットの黒猫と暮らして15年。アイポイント代表、三鷹SOHO倶楽部共同代表、武蔵野大学非常勤講師。